NPO法人 住環境工事研究会

シックハウス症候群について・・・健康で快適な住宅づくりに取り組む企業の全国ネットワーク


NPO法人住環境工事研究会は、住宅建設工事に関わる内外装専門業者の全国ネットワークです。住まう人がいつまでも安心して暮らすことのできる住環境を提案し普及する活動を積極的に行っています。

ご相談は加盟企業一覧にて
最寄の企業に直接お問合せ下さい。


加盟企業一覧


会員専用ページ
   

シックハウス症候群について

住宅建材などから発生する濃度の高い化学物質によって健康被害が生じる「シックハウス症候群」が深刻な問題となっています。その代表的な原因物質が、合板・集成材などの接着剤として使われるホルムアルデヒド。フローリング、壁、天井などの内装仕上げ材やタンスなどの家具などに使用されています。そのほか、塗料に使われるトルエンやキシレン、シロアリ駆除剤など、様々な化学物質が室内に充満。さらに高気密・高断熱の高度な住まいづくりが化学物質の逃げ場をなくしています。
 

シックハウス症候群の症状シックハウス症候群の症状

もしかしたらあなた自身がシックハウス症候群になってしまっているかもしれません!!
WHO(世界保健機構)では、下記のような症状が1つ、または2つ以上あらわれる病気を
シックハウス症候群といっています。

  • 目や鼻の粘膜、のどの粘膜がチクチクする
  • 唇などの粘膜が乾燥する
  • 皮膚に紅班(こうはん)、じんましん、しっしんがでる
  • 疲れやすい
  • 頭痛がしたり、気道の病気に感染しやすい
  • 息が詰る感じや、気道がゼイゼイ音をだす
  • 色々な刺激に敏感に反応する
  • めまいや吐き気、嘔吐を繰り返す


  •  

シックスクール・・・子どもたちは大丈夫?シックスクール・・・子どもたちは大丈夫?

アメリカでシックハウス問題の研究者として最も有名な環境臨床医学博士ドリス・ラップ女史は、シックスクールについてこどもたちが発する大きな5つのサインを次のように紹介しています。

  • 教室内に入るとしばしば子どもの脈拍が速くなる
  • 喘息の子どもたちは教室内呼吸能力が著しく低下する
  • 子どもたちは教室内では書き取り能力が驚くほど低下する
  • 子どもたちが教室内に入ると、動作が変化する
  • まぶたや顔が赤く変化し、目の周りが膨らんだり、しわが寄り、
    目つきもとろんとした感じになる
     

寄せられたシックハウス症候群のお悩み寄せられたシックハウス症候群の悩み


新築したばかりで「目がちかちか」「ツーンと嫌な臭い」。 

やっとマイホームを手に入れたというのに、帰宅してドアを開けたとたん、薬品のような強い臭い。しばらくすると目も痛くなり、窓を開けて回るんです。有害ガスが少なくなるのは。10年20年かかるというし、いったいどうしたら・・・。

ぜん息が頻繁におこったり、のどが痛む。

母はもともとぜん息体質だったので、なかなか原因がわからなかったのですが、改築後、咳がずっと続いていて、ぜん息の発作の回数が増えて寝込むことが多くなって。こんなことなら改築などしなければよかった。私ものどが痛くなるんですよ。

体がかゆい。アトピーが治らない。

新築建て売りに引っ越して半年ほどたってから、4歳の娘の皮膚にかゆみが出て、ボリボリかくようになりました。皮膚科でアトビー性皮膚炎と診断され、薬を塗っていますがよくなりません。家の中に薬品のような刺激臭があるので、シックハウスが原因だと思います。

めまいがする。肩や腰が痛い。 

古い家を売って新しいマンションを購入し、便利な場所で老後は夫婦で快適に暮らそうかと計画していたのに、引越してしばらくすると二人とも頭痛が始まった。家内はめまいや耳鳴りもしてきて症状がひどい。何かいい方法はないものか。



研究・開発をしました!
私たちの提案

*〜 安全な資材と施工 〜*

安全な資材と施工についての詳細はこちら

 


 
シックハウス症候群について健康住宅の提案住環境工事研究会についてプライバシーポリシーサイトマップ

NPO法人住環境工事研究会
Copyright(C) JUKANKYO KOUJI KENKYUKAI All Rights Reserved